マンション売却の相場 イエウールで査定してみて

相場情報から売却のストライクゾーンを把握する

マンション売却前に一括査定で成約価格を掴む

マンション売却の最新相場を知るには、イエウールの一括査定がベストです。
イエウールで一括査定を利用した体験談を報告します。



イエウールでは短時間に一括査定の申請ができました。
1分程でマンションの場所を入力すればOKです。
一括査定を利用してみて、勿論査定金額も重要ですが、
その前に査定を依頼する時のマインドの大切さについて記したいと思います。


マンション売却にあたっての査定依頼に臨む際のポイントです。

★ 査定の目的は、売却可能価格のストライク・ゾーンを掴むことです。
★ 「高すぎる査定価格」は、ちょっと距離を置いて見ましょう。 
★ 仲介業者は、査定価格も大事ですが、担当者の人間性を見て決めましょう。


マンションを売却する際には、三つの価格が出てきます。
① 査定価格
② 売り出し価格
③ 成約価格

査定価格は、その時の不動産市況に左右されます。
売り主の希望価格とはまったく関係ありません。
売り主の希望価格が成約価格になることは皆無でしょう。

査定価格は、できるだけ沢山の情報を集めることが理想的です。
査定は、沢山の参考価格から収斂される「売れそうな価格帯(ストライク・ゾーン)」を
見極めるための準備作業だと考えてください。




余りにも低い査定は問題ですが、余りにも高い査定も注意が必要です。
業者は、媒介契約欲しさから、目を引く高めの価格を出すことがあるからです。
査定は、飽く迄もどのくらいで売れそうかという範囲を見極める指針です。

その時の市況による査定価格に売り主の希望価格も勘案して売り出し価格を決めます。
売り出し価格は、業者の意見を聞きながら売り主が最終決断をするものです。
売り出し期間は、約3カ月を目途にすると良いでしょう。
その間に成約しなければ、どうしても値下げを業者は提案してきます。
売り出し価格が必ずしも成約価格にはならないことも念頭に作戦を立てましょう。


私がイエウールで一括査定を体験してみて、最初にその時の不動産市況から
売れそうな価格帯、ストライク・ゾーンを掴むことができたことが大きな勉強になりました。
まずこのストライク・ゾーンを頭に入れておいたことで最終的な成約価格の決断も
スムーズに行うことができたと思います。

イエウールの一括査定であなたも最善のストライク・ゾーンに的を絞って売却活動に臨んでください。


イエウール